フォトブックにはデメリットもある

画質はあまり期待できない

フォトブック作成業者のサイトを見ていると、出来上がったフォトブックは一般に販売されている写真集のような出来上がりになると期待してしまう方も多いと思われます。しかし、実際には期待しているほどの画質で出来上がることは稀です。特に、低価格でフォトブックを作成できるような業者の場合、画質だけでなく、フォトブックのサイズや素材はさらに期待できないものとなります。もちろん品質の高いフォトブックを作成することも不可能ではありませんが、その場合作成にかかる費用は高額となります。フォトブックを作成する前に過度な期待を持ってしまっていると、出来上がりとの落差にがっかりしてしまう可能性がある点には注意が必要となります。

写真の厳選や編集作業が面倒くさい

フォトブックを作成するためには、どの写真で作成するかを決めなければなりません。多くの写真の中からフォトブックに使用するための写真を厳選する作業は、意外と時間がかかる作業でもあります。どの写真も思い出があり、その中からさらに厳選しなければならなくなるため、写真選びだけで何時間もかかってしまうということも珍しくありません。楽しい作業とも言えますが、面倒くさいと感じてしまう人が多いのも現実です。また、写真の編集作業やレイアウトの調整作業も必要になります。これらの作業も、パソコン作業に慣れている人にとっては簡単かもしれませんが、あまり慣れていない人にとっては時間のかかる作業です。フォトブック作成にはこういった面倒な作業が必要になります。