フォトブックの概要について知ろう

アルバムとは違うの?

最近はそこかしこでフォトブックと言う名前を見かけますが、これまで写真を収めてきたアルバムとどう違うのかと思うのではないでしょうか。フォトブックの場合は、自分で好きなように使いたい写真を用意して編集をし、業者に依頼すれば一冊の本として仕上げて届けてくれます。出来上がりはアルバムとは違い、印刷されているので「自分で作るオリジナルの写真集」と言えば分かりやすいでしょう。お店によってはネガや写真も使って製作することもできるので、昔の思い出の写真を綺麗にまとめてしまいたいときにも使えます。価格もお店によりけりですが、安ければワンコインから1000円程度とかなりリーズナブルに作れますから、わいわい楽しく作れてしまいます。

どんなメリットがあるの?

フォトブックの良さはたくさんありますが、まず簡単に作ることができるということでしょう。自分でとことんこだわりの編集にするもよし、お店側が用意したサービスを利用して、写真を用意してから自動編集で簡単に注文することも可能です。数量も1冊から製作できるお店が殆どなので、必要な分だけを作って自分用や両親や祖父母、友人たちに渡すように準備ができます。製作テーマも自分で好きに決めて良いので、赤ちゃんの成長や子供の七五三などの行事、会社のプロジェクトや旅行をまとめたりと好きな写真を用意して形にできるのがよいところです。フォトブックに使われる紙質自体も良くなってきているので、市販本と変わらないようなクオリティなので作る楽しさも十分にあります。